RYT200ヨガインストラクター養成合宿 第12期修了しました!

October 11, 2021 / Posted by 佐藤 佳奈

先日、RYT200ヨガインストラクター養成講座の第12期生が卒業しました✨

会社員、パーソナルトレーナー、フリーランスの編集者、看護師、日本語教師、公認会計士、そしてすでにヨガインストラクターとして活動している方たち。

今いる環境も今まで経験してきたことも、まったく違う受講生たちが10日間を共にし、ヨガの学びを深めました。

今回は、それぞれの10日間を振り返っていきたいと思います!

太陽に負けないくらいのキラキラの笑顔! 太陽に負けないくらいのキラキラの笑顔!

パーソナルトレーナーAさんの10日間

スポーツジムでパーソナルトレーナーとして働いているAさん。

将来的には自分でスタジオを経営して、パーソナルトレーニングのプログラムにヨガも取り入れていきたい! という展望があり、今回RYT200の資格を取得されました✨

Aさんが合宿に来られる前のヨガの経験は、数回程度でしたが、経験年数なんてお構いなし!

Aさんは体への関心が非常に高く、合宿期間中は毎日、自分の体や他の受講生の体としんしに向き合っていました。

彼女のペースで楽しみながら講座に取り組んだ成果が、最終日のデモレッスンにもしっかりと現れていて、本当に素晴らしかったです✨

アイランド・アシュラムの合宿期間中は、毎日サットサンガという、自分自身のことをみんなの前で話してもらう時間を設けているのですが(ポジティブなことばかりではなく、ネガティブなこともすべて吐き出して、それに対して誰もジャッジしないのがポイント)、そのサットサンガでも、「座学で学んだことを、自分の体や他の受講生の体で試せるので、毎日が人体実験のようで面白い」と話してくれていました。

人体実験という言葉が、彼女らしくて思わず笑ってしまいました(笑)

サットサンガの風景 サットサンガの風景

最終日の個人面談では、この合宿期間中に気づいたことをこんな風に話してくれました。

「最近は、コロナ禍でパーソナルレッスンに来てくださるお客様のメンタルも不安定。今回ヨガ哲学などで学んだことを生かして、お客様のマインドも変えて行けたらいいなと思っています! それから、お客様に伝えられる体のポイントが増えたのも本当にうれしい! この合宿では収穫できるものが本当に多かったです。帰ったら、どのお客様にどのメニューを提供しようか楽しみで仕方ありません。」

うれしい!!

多くの気づきを得て、帰ってからの活動に生かしてもらえるのは本当にありがたいですね。

Aさんの今後のさらなるご活躍を影ながら応援しています☆

会社員Bさんの10日間

普段は、金融系の会社で会社員として働いているBさん。

会社に福利厚生で来られているヨガインストラクターに憧れて、上司のすすめもあり、今回アイランド・アシュラムのRYT200の講座を受講してくださいました。

「東京から出たかったというのもあります。コロナ禍で家族にも会えない、職場にも行けずリモートで仕事をしていて、食事もほとんど人と食べられず、という環境だったので、久しぶりに外に出たかった。」

というのも、受講を決めた理由のひとつだそう。

ほとんど何も調べて来なかったので、最初はとにかくすべてが不安だったそうです(笑)

でも、そんな心配をよそに、10日間しっかりとヨガを学び、最後は堂々とみんなの前でデモレッスンを披露していました!

彼女は本当に努力家でした✨ 彼女に与えられた課題に対して、真正面から取り組み、講師や他の受講生からの言葉も素直に受け止めていたからこその成果だと思います。

オーシャンビューのヨガ道場 オーシャンビューのヨガ道場

講師からの言葉は、優しいものばかりではありません。ときには厳しい言葉をかけられることもあるかもしれません。

でも、その言葉を素直に受け止められるかどうか、そして、それを受け止めて行動に移せるかどうかで、本当にこの10日間が変わってきます。

どんな10日間になるかは、受講生のもつ「素直さ」が大きな鍵になってくるな、と確信しています。

Bさんは今後、同じ会社で働く上司や同僚にヨガを提供していくとのことです✨

企業で福利厚生として行うヨガは、これまでヨガとは無縁だった方にヨガを届けるチャンス!

Bさんの会社でもヨガが定着して、みんなが心身ともに健康に、そして生きやすくなれたらこれほどうれしいことはないですね♡ 応援しています。

フリーランスの編集者Cさんの10日間

普段はフリーランスの編集者として活動をされているCさん。

最近、マインドフルネスの講師の資格を取得し、それにともなって長年続けてきたヨガもやっぱりきちんと学びたいという気持ちが出てきたそうで、今回RYT200の資格を取得されました✨

普段から編集というお仕事をされているので、「伝える」ということにすごくたけているCさん。

最終日のデモレッスンでも、ご自身の魅力や、伝えたい内容が生徒さんにじゅうぶんに伝わるレッスン内容となっていました!

ヨガインストラクターはヨガを「伝える」という使命がありますから、ヨガインストラクター自身のポーズがいくらきれいにできていたところで、ヨガが生徒さんに伝わっていなければ意味がありません。

指導法の講座では、そういった「ヨガを伝える」上で、大事なことなどもしっかりと学んでいきます。

講座修了後、東京に戻られたCさんからは、こんなステキなメッセージをいただきました♡

「東京でのいつもの日常のはずがまったく違う日々になったような感覚があります。身体感覚が変化したことでマインドも変化したような感じです。

お伝えしたように、私は身体を動かすことをあまりしてこなかった人生ですので、身体のほうにマインドが沿っていくこの感じが新鮮です。どれだけマインドフルネスを机上で学んでもわからなかったことが、理屈ではなく身体の内側に生まれた感じとでもいいましょうか…。」

アイランド・アシュラムのRYT200の講座では、日常にいかにヨガの教えを落とし込めるかをとても大事に指導しています。

ですから、Cさんのようにそれを体感してもらえると、すごく励みになりますね。ありがとうございます!

これからも、多くの方にCさんの言葉でヨガの魅力を伝えていっていただけるとうれしいです✨

アイランド・アシュラム第12期のハイライト!

今回は10日間、ほんっっとうに最高のお天気に恵まれました!

見てください! この素晴らしい夕焼け。刻一刻と表情を変える空をみんなで何度も堪能しました。

もちろん加工なしです もちろん加工なしです

このサンセットの中、今回も五感をフル活用してビーチヨガを楽しみました♪

開放感いっぱいのビーチで深呼吸 開放感いっぱいのビーチで深呼吸

ビーチヨガの後、みんなでビーチに寝転んでいたら、なんと! 流れ星を見ることができたんです☆彡 さすが世界自然遺産の村、大宜味村。

それも長い距離をゆっくりと流れるものだから、「あ! 流れ星!」と誰かが見つけたら全員がちゃんと見られるという奇跡! 感動しました。

4月に撮影した大宜味村の星空 4月に撮影した大宜味村の星空

豊かな大宜味村の自然に大感謝の10日間でした。本当にありがとうございます。

それから、今回は合宿期間中に、ワールドクリーンアップデーという全世界で地球を一斉にきれいにするという世界的なイベントがあったので、この日に合わせて大宜味村のビーチをきれいにしに行きましたよ✨

ワールドクリーンアップデーにビーチクリーン クリーンアップデーにビーチクリーン

汗だくになりながら、今回もたくさんのゴミを拾いました! いつも快く私たちを受け入れてくれる大宜味村に少しでも恩返しをしたいというおもいで行っている、カルマヨガとしてのビーチクリーン。

受講生の皆さん、今回も本当にありがとうございました♡

カルマヨガを通して、それぞれが何かを考えるきっかけになれるとうれしいです。

そして今回は、いつも合宿場所でお会いする地元のおばあが、受講生たちのために、ゼリーといむくじ天ぷら(紅芋で作られる甘い天ぷら)を作ってきてくださいました!

おばあお手製のゼリーといむくじ天ぷら おばあお手製のゼリーといむくじ天ぷら

温かいおばあからのエールに、みんな励まされました✨

10日間、楽しいことばかりではありませんが、こうして地元の方たちにも温かく見守られて、がんばることができています。

改めて、この環境に感謝します。

受講生からのメッセージ

合宿が修了して、受講生の皆さんから宝物のような言葉をいただいたので、一部抜粋して紹介させていただきます♡ 

“ 合宿終わってからも毎日写真を見返して、合宿の思い出に浸ってます。辛さよりも楽しさが圧倒的に勝ってて最高の時間でした!

参加するまでドキドキでしたが、勇気出して申し込みボタン押してよかったな〜と本当に思ってます。大変な状況の中、細心の注意を払って合宿を開催してくださり、ありがとうございます!

ヨガの知識や体の使い方を学べたことはもちろん、先生方や、切磋琢磨できるステキな仲間に出会えたこと、そして、自分と向き合うことができて学びや気づきがあふれている時間でした。今まで自分が苦手としていたことにもチャレンジできた合宿で少しだけ自信がついた気がします(*^^*)

今まで反り腰で、歩き方も変で何もないとこで躓いていたりしましたが、合宿終わったらびっくりするくらい歩きやすくなって、骨盤の後傾を意識して立ったり、かかとから歩くことを意識づけするのも楽しくなりました(^^)

学んだことを自分の体で実感して、プチ人体実験をしていくのが楽しみです♪そして、継続してヨガライフをもっともーっと楽しみたいと思います!

また沖縄に訪れてビーチヨガに参加するのも楽しみにしています☆ ”

受講生Dさん

“ 10日間、色んな気づきや感情が溢れて最高な時間でした♡

めちゃくちゃ楽しかったです!!

先生方や、仲間に出会えたこと感謝です♡

素敵な場所と時間を本当にありがとうございます!!お世話になりました!!

少しずつでもヨガの素晴らしさを伝えていけたらと思ってます☆ ”

受講生Eさん

励みになるお言葉を本当にありがとうございます。

この縁がずっと続きますように。 このご縁がずっと続きますように。

今回は、いつもの開催レポートとは少しテイストを変えて、それぞれまったく違う環境にいる3名の受講生の10日間にスポットを当ててレポートしてみました。

同じ講座を受講しても、置かれている環境によって、感じ方や10日間の取り組み方はまったく違ったものになると思います。

このレポートを読んでくださる誰かの参考になれると幸いです(^^)

ここで出会えた人たちは人生において、特別な人たちだと思います。これからもずっとこのご縁が続きますように✨

そして、皆さんのこれからのヨガライフがよりいっそう実り多きものになりますように。

落ち着いたら今度は、アイランド・アシュラムのあるあの場所で、総勢100名の卒業生たちと一緒にビーチパーティーをしたり、ヨガをしたり、海遊びをしたりして、思いっきり楽しみましょうね♪


この記事の著者
佐藤 佳奈
佐藤 佳奈
アイランド・アシュラム 代表

ヨガ歴15年。2014年に沖縄に移住し、沖縄の美しい海でお客さまとヨガインストラクターをマッチングさせるサービス、沖縄ビーチヨガを設立。 予約人数は5年間で1万人を超える。沖縄ビーチヨガを運営する中で、集客やマーケティング、マネジメントを学び、多くのヨガインストラクターと関わる。 その経験を生かして、生徒が多いヨガインストラクターと生徒が少ないヨガインストラクターの違いを研究している。

アイランド・アシュラム
© 2021 アイランド・アシュラム