RYT200ヨガインストラクター養成合宿 第17期修了しました!

May 15, 2022 / Posted by 佐藤 佳奈

先日、RYT200ヨガインストラクター養成講座の第17期生が卒業しました✨

今回もそれぞれの知識や経験を共有しながら学び合い、励まし合いながら10日間をみんなで乗り越えました。

今置かれている環境はもちろんのこと、年齢も、これまでの経歴もまったく異なる受講生たちが出会い、「ヨガ」だけでつながる魅力的な場所。

今回は、第17期生の10日間を振り返ってみたいと思います!

みんないい笑顔!みんないい笑顔!

目次

少人数制ならではの魅力

アイランド・アシュラムでは、定員12名という少人数制で合宿を行っています。

少人数制だと、講師の目が受講生全員に行き渡るのが大きなメリットです。

アーサナの練習ひとつとっても、受講生ひとりひとりのアライメントが整っているか、講師がしっかりと確認することができます。

「ヨガを長く続けているけど自分のアーサナが正しいのか分からない」という方や、「アーサナがきつい、痛い、苦しい」という方はいませんか? きちんとアーサナを学びたくて、RYT200の資格を取得しようと思われる方がアイランド・アシュラムの受講生の中にもたくさんいらっしゃいます。

本来のヨガの目的は、アーサナのアライメントを整えることではありませんが、心地よくアーサナがとれるようになれたら、よりリフレッシュできますし、何よりもうれしいですよね!

今回の合宿でも、講師がひとりひとりを見て、受講生みんなの学びになるようないい例があれば前に出てもらって、みんなでそれぞれの体を研究しましたよ✨

アーサナプラクティスアーサナプラクティス

こうして受講生全員の体をひとりひとり見ていくと、同じアーサナでもその方の骨格によって心地のよい範囲がみんな違うんです!

通常のヨガのレッスンを受けられている方の中には、ヨガインストラクターの真似をしようとがんばって、無理して居心地の悪い状態になっている方もいらっしゃるはずです。

人によって柔軟性はもちろんですが、そもそも骨格が違うので、心地のよいアーサナのとり方は人それぞれだ、ということを解剖学の知識ともしっかり紐付けながら、学んでいきます◎

アイランド・アシュラムの第17期生の中にも、「これまで無理していたアーサナが今回の合宿でとても心地よくできるようになった!」という方がいらっしゃいました。

合宿が終わってからのヨガは、今まで以上に快適に、気持ちよく楽しんでいただけるはず!

このアーサナプラクティスの時間は、自分のためになるのはもちろんのこと、ヨガインストラクターとして生徒さんにレッスンをするときにも大変役に立つので、ここぞとばかりにいろいろな方の体を見て、そして「どんな感覚があるの?」などと聞き合いながら、みんな熱心に研究していました。

そうなんですよね。例えば、もともと柔軟性のある方だと、体の硬い方の気持ちが分からなかったり、どう軽減法を伝えてあげればその方が快適になれるのか分からなかったりしますよね。

だからこそ、こういう学びの場ではどんどん聞いたり、考えたりしておくことがとても重要になります◎

それから、少人数制で学ぶメリットの二つ目は、座学の講座が一方通行にならないことです。

大人数だとどうしても、講師側からの一方通行の講座になりがちです。

ヨガ哲学も解剖学も決して、本の中だけで学んで暗記すればいいというものではありません。

ヨガ哲学は、日常に落とし込んで実践してこそ意味があるものですし、解剖学は先述したとおりアーサナの練習に落とし込めなければ意味がありません。

ですから、みんなでワークをしたり、議論を交えながら講座を進めていきます。ワークを行ったり、質問をしたり、あーでもないこーでもない、とみんなで話すことでより知識が深まっていきますよ。

少し難しいポーズにもみんなでチャレンジ![少し難しいポーズにもみんなでチャレンジ!

ヨガインストラクターAさんの10日間

普段は社会貢献でヨガインストラクターをされているAさん。

RYT200はもちろんのこと、その上の資格であるRYT500もすでに取得済みのAさんでしたが、今回は「原点回帰」のために、アイランド・アシュラムのRYT200の講座を受講してくださいました✨

「ヨガを体系的に、もう一度原点に戻って学び直したい」と合宿前の面談で話してくださったAさんでしたが、合宿を終えて、

「今回の講座を受けて、頭の中が整理できました」

とうれしいコメントを残してくださいました。

「今までは自分のやりたいようにヨガインストラクターをやっていました。ドネーションでもいいし、お客様が誰も来ない日があってもいいや、くらいの感じでやっていた。でも、アイランド・アシュラム卒業の今日の日が新しいスタートだと思って、これまでのことを見直しながらやっていきたい」

と決意を新たに、お話ししてくださいました✨

最終日には、Aさんの個性が光るデモレッスンをみんなの前で披露してくださいました! これまでのAさんのヨガのレッスンがブラッシュアップされて、より魅力的なレッスンになったので、きっとこれまで以上にAさんのファンが増えることと思います。

これからのご活躍を、心から応援しています♡

最終試験のデモレッスンの風景最終試験のデモレッスンの風景

フリーランスBさんの10日間

体を動かすことが大好きなBさん。

ヨガの他にもいろいろなスポーツをされていて、とにかくアクティブ! そして体のことだけではなくて、ヨガ哲学などに対しても探究心旺盛で勉強熱心な方です。

最終日の個人面談では、

「とにかく、メンバーと先生に恵まれていたと思います! 体の使い方などもかなりロジカルに勉強できたのが本当によかった」

と、話してくださいました!

「学んだ内容がとても濃くて、ヨガはもちろんのこと、他のスポーツをする上でも応用できる部分がたくさんあったので、合宿が終わってからもすごく楽しみ!」

とうれしい感想をいただきました。

合宿が終わったら、本業とあわせてヨガも伝えていきたいとのことで、最終日のデモレッスンはBさんの魅力が満載のレッスンを堂々と披露されていて、今後の活躍がよりいっそう楽しみになりました✨

RYT200の講座で学んだことをBさんらしく、アウトプットしながらこれからの人生も楽しんでもらえたらいいなと思っています♪

アイランド・アシュラム第17期のハイライト!

今回もまた、世界自然遺産ならではの環境を満喫できた、ステキな10日間になりましたよ!

まずはこちらの植物、皆さん何かご存じですか?

沖縄や奄美地方、台湾など暖かい地方に生息する植物、月桃(げっとう)です。月桃は初夏の訪れを告げる植物でもあり、沖縄では心地よい風が吹く「うりずん」の季節に咲きます。ぷっくりとしたかわいい花が魅力です。

月桃とカタツムリ月桃とカタツムリ

今回も、お天気のよい日は、ヨガ道場にあるウッドデッキで撮影会を開催しました!

気持ちよさそう!気持ちよさそう!

ダイナミックなサンセットダイナミックなサンセット

そして毎回恒例、今回も五感をフル活用しながら早朝ビーチヨガを楽しみました♪

開放感あふれるビーチで心と体を整える開放感あふれるビーチで心と体を整える

ビーチヨガのときは、講座中のようにアーサナの細かいアライメントは気にせず、ただただ沖縄の自然に身をゆだねながら、感覚だけを頼りに深い呼吸を意識して、体を動かしていきます♡

空も海の最高!空も海も最高!

みんな、とっても気持ちよさそうでした♡

そして、今回も大宜味村の大自然に感謝の意を込めて、カルマヨガの一環でビーチクリーンを行いました。

カルマヨガとは、行いのヨガで、行いの結果に見返りを求めないという意味があります。

ビーチクリーンビーチクリーン

最初はビーチに広がる多くのゴミにあぜんとした一同でしたが、みんなが黙々とゴミを拾ってくださり、あっという間にきれいなビーチになりました。

受講生の皆さん、たくさんのゴミを拾っていただき、今回も本当にありがとうございました♡

カルマヨガを通して、それぞれが何かを考えるきっかけになれるとうれしいです。

それから、毎回恒例のたき火瞑想、今回ももちろんやりましたよ✨

今回はなんと! 蛍を見ることができました。世界自然遺産の大宜味村だからこそ体感できる自然の豊かさ。

たき火瞑想を終えて、みんなそれぞれに思うことがあり、気づきがあり、味わい深い時間となりました。

受講生からのメッセージ

最後に、いただいたメッセージを一部ご紹介します♡

“ 今回の学びを大切に皆さまのお役に立てるよう実践しながら深めていきたいと思います。他のプロジェクトの兼ね合いもあり、ヨガインストラクターとしてのデビューは少し先にはなりますが、活かしていきたいと思っています。

本当に有難うございました。 また沖縄に行く機会があれば、会いにいきますね。

心からの感謝を込めて。 ”

受講生Cさん

温かいメッセージ、ありがとうございます! 励みになります。

これからもこのご縁がずっと続きますようにこれからもこのご縁がずっと続きますように

同じ期間、同じ講座を受講しても、置かれている環境やなりたい自分像によって、感じ方や10日間の取り組み方はまったく違ったものになります。

この開催レポートが、読んでくださる誰かの参考になれたらいいなと思います(^^)

ここで出会えた人たちは人生において特別な人たちだと思います。これからもずっとこのご縁が続きますように✨

そして、皆さんのこれからのヨガライフがよりいっそう実り多きものになりますように。

落ち着いたら今度は、アイランド・アシュラムのあるあの場所で、総勢100名の卒業生たちと一緒にビーチパーティーをしたり、ヨガをしたり、海遊びをしたりして、思いっきり楽しみましょうね♪

またお会いできる日を楽しみにしています。


この記事の著者
佐藤 佳奈
佐藤 佳奈
アイランド・アシュラム 代表

ヨガ歴15年。2014年に沖縄に移住し、沖縄の美しい海でお客さまとヨガインストラクターをマッチングさせるサービス、沖縄ビーチヨガを設立。 予約人数は5年間で1万人を超える。沖縄ビーチヨガを運営する中で、集客やマーケティング、マネジメントを学び、多くのヨガインストラクターと関わる。 その経験を生かして、生徒が多いヨガインストラクターと生徒が少ないヨガインストラクターの違いを研究している。

アイランド・アシュラム
© 2022 アイランド・アシュラム